スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムクナ豆とは?

ムクナ豆(八升豆)とは古代インドから有効利用されており、
日本でも江戸時代頃まで栽培されていました。

しかし、日本では栽培が難しい事と、豆が非常に硬く調理が大変なためしだいに栽培されなったとか。

ベルベットビーン(ビロード豆)とも呼ばれており、
近年「アグロフォレストリー」(持続可能な農業)の観点からも注目されています。

ムクナ豆(八升豆)はすべての必須アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいます。

ムクナ豆(八升豆)はドパーミンの素になる「L‐ドーパ」を多く含んでいるのが特徴です。
若返りやボケ防止、パーキンソン病に効果があると評判です!

そんな奇跡のムクナ豆(八升豆)をブラジルの契約農家で丹精込めて育てています!

収穫後は食品検査センターを併設する工場で加工殺菌処理して黄粉状に加工し、
添加物を一切加えていない自然健康食品に仕上げしました。

↓↓↓古代インドからの自然の恵み♪↓↓↓
>>>ムクナ豆(八升豆)専門通販【たっぷく本舗】はコチラです!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。