FC2ブログ

ムクナ豆(八升豆)の特徴

L‐ドーパは植物では天然成分としてソラマメやムクナ豆に含まれていることが知られています。

ムクナ豆(八升豆)には特に多く含有しています。

ムクナ豆のL‐ドーパは腸で摂取され、それを素にして体内でドパーミンが作られるというメカニズムです。

ドパーミンは「神経伝達物質」と言われ、心や体の健康を司るとても重要な役割を担います。

パーキンソン病はドーパーミンが減少し、そのため脳からの指令がうまく伝わらない事によって発症すると言われています。

ムクナ豆(八升豆)が古代インドのアーユルベーダ療法で既に実践されていたというから驚きですね。

その他、体を温めたり、動きやすくする効果や、疲労回復、さらにはうつ病にも効果があると言われています。

↓↓↓最近疲れやすくなったと感じたら↓↓↓
>>>ムクナ豆(八升豆)専門通販【たっぷく本舗】で調べてみよう!